MENU

ウルセラドライといったミラドライを細く検証!各メリットとデメリット

わきがの治療産物として、ウルセラドライってミラドライは互いに素肌の切開を行わずに方法を行える結果、傷跡が残らないという共通点があります。

 

ただし、高低もあるので、比較してどちらを利用すると良いのか検討すると良いでしょう。

 

ウルセラドライは超音波を汗腺にあて意気込みバイタリティーにて汗腺を破壊し、汗を治める治療産物だ。方法時間は40取り分クラスという短く、身体への難儀も無い結果、ワンデイで利用できるメリッットがあります。

 

アポクリン汗腺のある辺りであればどこでも方法を行えるので、わきの下だけでなく、すそわきがなども治療できます。

 

短所としては、剪除法のように汗腺を目視して除去する方法ではない結果、撤去の手抜かりが出ます。1回の治療それでは100百分率の潤いを得られないことも数多く、2回限り治療を受けることもあります。

 

また、保険の適用外であるため、経費は30万円クラスといった高額になります。しかし、2回目は半額になるため、お金を抑えられます。

 

ミラドライはミクロはやりを水分を多く含んでいる汗腺に照射するため水の分子を意見させ、こういうときに発生する意気込みで汗腺を破壊します。

 

方法時間は1暇程度であり、ワンデイで利用できます。方法行える辺りはわきの下だけであるため、すそわきがなどの治療はできません。

 

短所としてウルセラドライと同様に手動しないで汗腺を除去する結果1回では十分な効力を得られないことがあります。

 

また、こちらも保険の適用外で経費は30~45万円クラスになります。2回目の経費はどこで方法を受けるかで異なりますが、お金を引き下げるのであれば再治療の保証がある病棟を利用しましょう。

 

また、こういう2つを比較したときの大きな違いとして、ウルセラドライは利用できるところが全国で1ケ所、川崎中病棟だけになります。これはこういう病棟の院長が開発した治療産物だからだ。

 

神奈川県内郊外に住んでいる場合はいまいちデメリットにはなりませんが、そうでない場合は方法を受けに行くのに工夫がかかってしまう。

 

ミラドライの場合はアメリカ合衆国で開発された治療産物なので、数量は少ないですが全国に方法をいただける病棟があるので、ウルセラドライよりも通いやすいことが多いでしょう。

 

ウルセラドライというミラドライにはこういう違いがある結果、わきがの治療であれば通いやすい、または料金が安くなる方によるって良いでしょう。

 

すそわきがなどを治療狙う場合はミラドライでは対応できないので、遠くてもウルセラドライを利用するしかありません。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを殺菌↓

チチガ,対策,治療

 

チチガの戸惑いTOPへ